2010年12月11日土曜日

ちょっとイイなと感じるお客さん その1


このところこのブログの内容は、本来のスマートメッセージの亜流になってしまっていますが、まぁ、話題の幅を広げるということでご容赦いただきましょう。

レストランや本屋、洋服屋など買い物にいった際に、実に感じのイイ店員さんに会うことがあります。こうした店員さんには、是非スマートメッセージを伝えたいのですが、今回は、その店員さんが感じのイイ人、ちょっとイイなと感じるお客さんとはどんな人なのかを聞いて来ました。
6回にわたって書きます。

店員Aさん:
注文を伺う時に、メニューを指差して「これとこれ。」と何だか不貞腐れた感じのお客さんがいますが、これに対して、「今日のオススメは何ですか。」と聞いてくれるのは嬉しいですね。お店にはオススメがあって、ミーティングでも積極的にオススメするように言われていますから、聞いてもらえると、ちょっとホッとします。
そして、ひと通りオススメした後に、「ありがとう。じゃぁ、せっかくだから(美味しそうだから)そのオススメの○○を頂きます。」なんて言ってもらえたら、もう、やったーってココロの中でガッツポーズです。感じイイお客さんだなって思います。ちょっと打算的に聞こえるかも知れませんが、紳士的な印象を持ちますし、ミーティングでも感じの良かったお客さまって報告することもあります。

教訓:
相手に依頼する際は、命令ではなく頼み事をするということを忘れない。

マイナス要因の排除。不貞腐れたような印象、横柄な態度では注文しない。(何様なんだ)
「今日のオススメは何ですか。」オススメを聞いてみる。(気に入ったら注文するし、そうでもなければ辞めればイイだけ。)
メニューを見ながら、「美味しそうだから、これを頂きます。」「見ていたらもっとお腹が空いてきた。これを下さい。」といった紳士的(?)な態度で、注文してみよう。


0 件のコメント:

コメントを投稿