2010年12月13日月曜日

ちょっとイイなと感じるお客さん その2


店員Bさん: この辺は、お昼時はどこのお店も混みますね。一気にお客さんが来ますから、あっという間に混み始めます。 メニューを伺って、少々お待ち下さいとマニュアル通りの返事はするものの、早く持ってこい、まだなのかと催促されることもよくあります。こんな人って、自分は仕事が遅いくせに、職場でもいつも早くしろって他人に催促してるんだろうな・・・なんて思ってしまいます。 こんな時に、「混んでるんだからゆっくりでも構わないよ。」なんてひとこと言ってもらうと、もうそれだけで、なんて優しい人なんだろう。いい感じのお客さんだなぁ・・・なんて思ってしまいます。 こんなこと言ってくれる人は、圧倒的に男性が多いです。きっとこの人は職場でも自分都合で仕事をするんじゃなくて、職場の女性にさりげなく優しい言葉をかけているんだろうなって・・・そんなことを勝手にイメージがします。 女性としては、こんなひと言の優しさがあると、「よし、がんばってみよう。」って気になるし、何となくですが、モチベーションが上がると思います。 教訓: 人は事実を承認されるだけで、誉められた気持ちになります。 忙しいのは状況を見れば分かるのだから、あえて急がせたりしない。嫌みになる。 思いのほか早く料理が出て来たら、「わぁ、早かったね。嬉しいな。ありがとう。」とひと言メッセージを。 職場においても・・・、急かすことなく、余裕を持って仕事をさせることも必要ですね。 それでメンバーが予定より早めに仕事を終えたなら、その事実を承認する(評価する)。 「予定よりこれだけ早い仕上がりだったね。助かるなぁ〜。」 「予定は明後日だけど、すっかり見通しが付いたようだね。もう完了間近だね。早かったね。力だ付いたね。」など、状況をきちんと見て、事実を承認しよう。プラス評価のメッセージ。 人は事実を承認されるだけで、誉められた気持ちになります。



0 件のコメント:

コメントを投稿